臭気処理改善システム

大気汚染問題になっている排ガスをコンパクトで高性能なスクラバーで
地球にやさしい空気に処理します。

Feature

高性能のスクラバーと奥誠の技術で
各種課題解決に貢献いたします。

  1. 01

    水膜による高い臭気捕促率の実現!

    従来のスクラバーと異なり、本装置では水膜による高い気液接触率を実現いたしました。そのため、臭気物質捕足率の向上を実現し、水溶性VOC臭気除去など多くの事例があります。

  2. 02

    水の再利用!

    本装置では弊社散気管アクアブラスターを搭載しているため、曝気による処理を行い、水膜で使用した水を循環水として利用できます。食品工場への導入事例では環境水維持期間が4ヶ月となった例もあります。

  3. 03

    幅広い臭気物質への対応が可能!

    本装置は洗浄法と生物脱臭法を組み合わせた技術です。そのため、両技術が得意とする臭気原因物質への幅広い対応が可能となり、塗装工場からの臭気など処理が難しかった工場への導入事例もあります。

Ability

奥誠の技術は幅広い物質に
対応しています。

幅広い物質に対応

※横にスクロールしてご覧下さい

物質名 物質濃度削減率 水への溶解度 中和 通過風速




アンモニア 54g / 100ml 0.75~1.0m/sec
トリメチルアミン 108g / 100ml
ジメチルアミン 23.7g / 100ml
ジエチルアミン 完全溶解




メチルメルカプタン 23g / 100ml 0.75~1.0m/sec
硫化水素 0.67g / 100ml
硫化メチル 知見なし
二酸化メチル 知見なし





ホルムアルデヒド 完全溶解 不要 0.5~0.75m/sec
アセトアルデヒド 任意で溶解
プロピオンアルデヒド △ ~ ○ 22g / 100ml
ノルマルブチルアルデヒド △ ~ ○ 知見なし
イソブチルアルデヒド △ ~ ○ 11g / 100ml
イソマルバレルアルデヒド △ ~ ○ 知見なし
イソバレルアルデヒド △ ~ ○ 知見なし
イソブタノール △ ~ ○ 8.7g / 100ml
V
O
C
酢酸エチル 8.7g・100ml 不要 0.5m/sec以下
メチルイソブチルケトン 1.8wt%
トルエン × ~ △ 不溶
キシレン × ~ △ 不溶 不要 0.5m/sec以下
スチレン × ~ △ 30mg / 100ml
イソプロピルアルコール 完全溶解
メチルエチルケトン △ ~ ○ 29g / 100ml
ホルムアルデヒド 完全溶解
酢酸プロピル 2.3wt%
シクロヘキサン × ~ △ 不溶
フェノール △ ~ ○ 8.3g / 100ml
PGME 完全溶解
PGMEA 20g / 100ml
Nメチル-2-ピロリドン △ ~ ○ 知見なし
アセトン △ ~ ○ 任意溶解
メタノール 任意溶解
エタノール 任意溶解


プロピオン酸 △ ~ ○ 知見なし 0.5~0.75m/sec
ノルマル酪酸 △ ~ ○ 知見なし
ノルマル吉草酸 △ ~ ○ 知見なし
イソ吉草酸 △ ~ ○ 知見なし

Improvement Flow

臭気改善の処理フローと
具体的なメリットをご紹介します。

脱臭フロー

臭気改善処理フロー

導入事例

建機塗装工場

塗装乾燥炉の緋ガスにはホルムアルデヒド・ヤニ・タールなどが含まれ、刺激のある悪臭に対して近隣苦情が絶えなかった。
また工場内は脱臭機を設置するスペースが狭かったため導入が困難と思われていたが、バイオデオライザーは狭小スペースにも設置できるコンパクトな設計なので採用にいたりました。

ガス濃度データ

  導入前 一ヶ月後 二ヶ月後 四ヶ月後
原臭濃度 350 250 300 250
処理濃度 1 2 2 1

ガス定量分析データ

物質 / 計量指標 原臭 1次処理 2次処理
ホルムアルデヒド(ppm) 400 2

※現場写真

Products

水資源の循環、再利用を実現するための
高性能な製品を取り扱っています。